現代のいじめはスマホ

今も昔も変わらずにはびこっている、いじめ。
そんないじめのスタイルですが、一昔前と違って、周囲からは非常にわかりにくいようになっている場合が増えてきています。
その中でも特に多いのが、スマホ関係に関するいじめです。
具体的にはどのようないじめなのかをご説明します。

まずスマホで圧倒的に多いのが、メッセージアプリなどを利用したいじめです。
無料で利用することが出来るメッセージアプリは近年多く利用されていますが、そのアプリを利用して、悪口や無視など、わざと相手が傷つくようなことをしていじめをするというケースが多く、周囲からはわかりにくく行われているいじめが横行しています。
こうしたいじめは証拠も残りにくく、いじめと判断するのも難しいとされているため、非常に厄介だと言えるでしょう。

次に、SNSを利用したいじめです。
スマホ社会になったことで、アプリの他にも、SNSの利用が急激に増加したと言われていますが、そんなSNSを利用したいじめも、増加傾向にあると言われています。
SNSに悪口を書き込んだり、無視をしたり、こちらもアプリのケースと一緒で、表立っては露呈しにくいものの、確実に相手にダメージを与えることが出来るいじめをすることが、特徴だと言えるでしょう。

このように、便利なスマホ社会を悪用してしまった結果、いじめに発展してしまうというケースが、特に学生など、未成熟な若者の間で広まっています。
こうしたいじめは本人の対処が、非常に重要となると言えるでしょう。